「坐禅会」

          

  週に1度の坐禅会です。日常、外に向いている思いを、自らに向けてみましょう。

むずかしく考えることはありません、ただ壁に向かって黙って坐ればいいのです。

体験してみませんか?

                        

 「略布薩」

            

  月に1度、日常の自分の行いを反省し、仏菩薩に帰依し何度も合掌・礼拝しすることにより、信仰を深める儀式です。

                       

 「戒名授戒式」

 

  戒名は死後の名前ではありません。

ほとけ心をもって生きる為のコツを教わると戴ける「ブッディスト・ネーム」です。

あなたも、もう一つの名前を持ちませんか?

                       

 「福田会」

 

  お袈裟は僧侶の衣装ではありません。どなたでも身近かに持つことができる、幸せの服です。

針と糸があれば簡単に縫うことができます。見学のみでもおいでください。

                       

 「御詠歌練習会」

 

  音符が読めなくても大丈夫。耳と口があればそのうち歌えるようになります。

ほとけの教えを簡素な言葉に換えて、リズム良く歌います。見学のみでもおいでください。

                       

 「彼岸会法要」

         

  私たちの日常は自分の事で精一杯、これを此岸(しがん・こっちの岸)といいます。

彼岸(ひがん・向こう岸)とは自分以外の存在を確信し、うやまうことです。

そうなろうと修行する期間が春と秋に1週間ずつ定めてあり、ちょうど真ん中の日を「中日・ちゅうにち」と言い、春分の日と秋分の日です。

お寺では午前10時から法要を営みます。お詣りしてみませんか?

                

 「釈尊降誕会(花まつり)」

            

  4月8日は、お釈迦様が生まれられた日です。ちっちゃなお釈迦様の仏像に、甘茶をひしゃくで掛けてお祝いします。

午前10時から法要を営みます。記念に甘茶のティバックを差し上げます。今年は落語説教の催しがございます。お詣りしてみませんか?

               

 「護持会評議員総会」

 

  檀家の皆さまから納めて頂いている「護持会費」の決算・予算をはじめ、1年間の行持等の決議が行われます。

住職と顧問と総代と各地区から選出されている評議員、清女会の役員の合わせて23名が集まります。

傍聴希望の方はお知らせください。(TEL 74-0139)